こんな時は半身浴を避けよう

2019年3月3日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのための健康法.

半身浴は体を内側から温める入浴方法ですが、全ての人にとって良い効果が得られるわけではありません。

まず、風邪を引いている方は半身浴を避けましょう。上半身がむき出しになる状態の半身浴は、場合によっては体を冷やし症状を悪化させたり治りを遅くしてしまいます。
風邪を引いている最中はもちろんですが、風邪の引き始め、治りかけの時も半身浴は止めましょう。

健康で美しい身体づくり

肌が乾燥している場合も、半身浴は逆効果になってしまう恐れがあります。
肌の潤いを維持する角質層のセラミドという成分が半身浴によって溶け出してしまい、乾燥肌の症状が悪化する可能性があります。
多少の乾燥肌であれば入浴時間を短めの15分にして、保湿ケアをしっかりすれば問題ありません。肌の状態を確認して、半身浴をするかどうか判断しましょう。


コメントは締め切りました。