肝斑とシミの違い

2019年2月8日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのためのスキンケア.

肝斑と聞くと「シミと何が違うの?」と疑問に思う方も多いと思います。
シミは皮膚にできる色素沈着の一種です。肝斑も色素沈着の一種ですが、シミとはいくつか異なる点があります。

まず、肝斑は両ほほに左右対称にできるものです。ほほ骨に沿ってできるもので、シミのようにはっきりとした境界線が無いのが特徴です。
全体を見るとボヤっとして見え、本人もなかなか気付かないことがあります。シミは小さい物から大きい物まで様々ですが、肝斑は薄く広がって見えます。
また、肝斑ができるのは30代から40代の女性で、黄色人種に多く出来ます。日本人女性がこれに当てはまります。

肝斑改善には専門の飲み薬などがありますが、シミと違い治療をしなくてもいつの間にか消えてしまう、ということも珍しくありません。


コメントは締め切りました。