肝斑ができる原因

2019年2月6日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのためのスキンケア.

肝斑ができる原因は未だにはっきりとしていません。この原因を避ければ肝斑を予防できる、という的確な方法がないため、いつの間にか肝斑ができてしまうことも多いです。

シミができる大きな原因が紫外線です。しかし、肝斑は紫外線予防をしてもできてしまいます。
原因が未だはっきりとしていない肝斑ですが、その原因の一つに女性ホルモンが関係しているとされています。
肝斑ができるタイミングで多いのが、妊娠や避妊薬の服用です。この二つは女性ホルモンのバランスを大きく崩し、それが肝斑を作り出すと考えられています。

また、精神的なストレスも、肝斑ができる原因と考えられています。ストレスも女性ホルモンのバランスを大きく崩し、体に様々な影響を及ぼします。肌もその一つです。
その他にも、強く擦りすぎなマッサージ、間違えたスキンケアも肝斑の原因とされています。


コメントは締め切りました。