ビタミンCは肝斑にどのような効果があるのか

2019年2月3日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのためのスキンケア.

肝斑にはビタミンCも効果的とされています。

ビタミンCは野菜や果物に含まれている身近な成分です。摂取することで、シミや肝斑の原因となるメラノサイトがメラニンを作り出す過程に働きかけ、メラニンの生成を抑制します。

ビタミンCは複数の段階でメラノサイトに働きかけます。
メラニンを作り出す最初期、チロシナーゼという酵素が必要となりますが、ビタミンCはこの活性を阻害します。
更に、肌の奥に蓄積されてしまったメラニンに対して、直接働きかけ還元する効果も持っており、肝斑の予防と改善の両方に効果が期待できる成分なのです。

身近な成分なので摂取しやすいという利点もあります。肝斑が気になる方は積極的に取り入れてみてください。


コメントは締め切りました。