寝汗と健康の関係!大丈夫な寝汗と危険な寝汗の見分け方はこれ!

2018年12月12日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのための健康法.

寝汗と健康の関係!大丈夫な寝汗と危険な寝汗の見分け方はこれ!

寝汗は誰でもかくもの。
大人だと一晩でコップ1~1.5杯の寝汗をかくと言われているので、
それくらいなら正常な寝汗の量と言えます。

コップ1~1.5杯と言うと結構多く感じますが、
この程度の汗だとパジャマや寝具が濡れるほどではありません。
寝汗はエクリン線から出る汗なのでサラサラしていて
臭いもないのが普通です。

しかし、寝汗が不快で目が覚めてしまったり、
起きた時に寝具までぐっしょり湿っていたりするのは
「危険な寝汗」と言えます。

このような「危険な寝汗」の影には
ストレス、自律神経失調症、ホルモン異常、バセドウ病、更年期障害、
肝機能障害、白血病、結核などが潜んでいることも…

大量の寝汗をかいてしまう場合は要注意!
これらの原因の恐れがないかチェックしてみてくださいね。

30代の美容と健康


コメントは締め切りました。