若い世代も要注意…『アルコール』が原因の認知症をご存じですか?

2018年12月6日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのための健康法.

若い世代も要注意…『アルコール』が原因の認知症をご存じですか?

アルコールが好きな方は覚えておくと良いかも…
アルコールが原因の『認知症』は、若い方にとっても他人事ではないんです。

アルコール性認知症は、アルコールを多量に飲み続けたことが原因で
脳血管に障害が起き、認知機能が低下すること。

物忘れがひどくなったり、作り話をしたり、
周りの状況が理解できなくなったり、時間が分からなくなったりする症状の他、
歩行障害や問題行動など、アルコール依存症のような行動も
目立つようになるのが特徴です。

アルコール性認知症は急に症状が重くなるのが特徴。
年齢に関わらず発現するので、
若くても注意が必要な認知症の1つなんですよ。

この認知症はアルコールをやめることで改善も目指せます。
できるだけ早く断酒することが重要なので、
もし不安に感じたら一刻も早く医療機関を受診しましょう!


コメントは締め切りました。