半身浴の正しいやり方

2018年11月21日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのための健康法.

半身浴の正しいやり方

ダイエットに効果的な入浴法として有名なのが半身浴です。しかし、半身浴は正しい方法で行わなければ効果が出ません。

半身浴を行う際は、入浴30分前に水分補給をして、汗をかきやすくしておきます。
この間に浴室を25度程度に暖めておきます。暖房機能がない場合は、湯船の蓋を開けて湯気で浴室を暖めましょう。
湯船の温度は38度から40度で、量は浸かったときにみぞおち部分になるくらいに設定しておきます。
入浴時間は20分から30分を目安にします。短すぎると効果がありませんし、長すぎると肌がふやけてしまいダメージになってしまいます。上半身は乾いたタオルなどをはおり、冷やさないように気を付けましょう。
入浴中に喉が乾いたら水分補給をします。半身浴は汗を多くかく入浴法なので、適度に水分補給をして脱水症状に気をつける必要があります。

以上が半身浴の基本的なやり方です。やり方を覚えればダイエットに高い効果が期待できます。


コメントは締め切りました。