夜のスキンケアは必要以上に肌と指が触れないよう注意!

2018年11月17日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのためのスキンケア.

夜のスキンケアは必要以上に肌と指が触れないよう注意!

ケアをする際は手を使うのが基本ですが、肌と指が触れる回数が多くなるほど肌に負担がかかります。
特に、クレンジングや洗顔、多くのスキンケアを使う夜のケアは、指と肌が触れる時間がどうしても長くなってしまいます。
指と肌が触れると、摩擦が起こり、それが肌への負担となります。これはシミやシワ、たるみといった幅広い肌問題に繋がる原因となります。

正しいスキンケアの方法はこちら

夜のスキンケアを行う際は、できるだけ指と肌が触れる時間を少なくするようにしましょう。
ただし、肌への負担が気になるからといって、スキンケアを怠っては意味がなくなってしまいます。あくまで触れる回数を少なくすることを意識するのみで、スキンケアは満遍なく、しっかり肌へ塗りましょう。


コメントは締め切りました。