冷え性の方が眠りに付きやすくなるための入浴方法

2018年11月10日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのための健康法.

冷え性の方が眠りに付きやすくなるための入浴方法

冷え性の方は眠るまでに時間がかかってしまう方が多く、睡眠不足に繋がる可能性もあります。
体が冷えてなかなか眠れないという方は、眠る前のひと工夫で冷え対策をし、良質な睡眠を取るようにしましょう。

眠りは体温が下がることで引き起こされますが、冷え性の方は元々体温が低いため、眠りにつくまで時間がかかってしまいます。
そこで、眠る前に体温を上げておくことで、自然な眠気が引き起こされ、入眠しやすくなります。
オススメの方法が毎日の入浴です。眠る2時間前までにお風呂に入り、体温を上げておきましょう。入浴は筋肉のコリをほぐすリラックス効果もあるので、ストレス解消にも効果的です。
ただし、熱すぎるお湯は肌にダメージを与えてしまい、更に体温が高くなり過ぎて逆に寝付きが悪くなってしまうので、長く浸かれるぬるま湯に設定してゆっくりと湯船に浸かりましょう。


コメントは締め切りました。