スキンケアのための睡眠方法

2018年10月29日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのためのスキンケア.

スキンケアには睡眠が効果的

人間は眠っているときに成長ホルモンが最も多く分泌されます。
成長ホルモンは肌のターンオーバーを促し、綺麗で新しい肌を作り出す働きです。つまり、良質な睡眠を取ることによって肌の内側からスキンケアができます。

良質な睡眠を取るためには、まず入眠しやすい状態にすることが大切です。
人間は、体が温まって冷えていくと、眠気が誘発されます。これを利用し、ベッドに入る1時間から2時間前までに入浴を済ませて、その後時間に合わせて眠る習慣を身に付けると、自然な眠りにつきやすくなります。
寝る前のストレッチも効果的です。ストレッチで筋肉をほぐすことで、体をリラックスした状態にすることができ、良質な睡眠が取りやすくなります。
アロマや間接照明といった小道具で神経を落ち着かせるのもオススメの方法です。


コメントは締め切りました。