冷え性改善の入浴方法

2018年10月27日 | から247ppd | ファイル: エイジングケアのための健康法.

冷え性改善の入浴方法

冷え性は毎日の入浴を一工夫することで改善できます。冷え性は症状が長く続くと神経痛や肌荒れの原因となるので、早めの対策をしましょう。

冷え性には体の内側から暖める方法がオススメです。40度程度に設定したお湯に20分ほど浸かることで、体を内側から暖めることができます。
それでも治らないという場合は、血管を収縮させ血流を良くするシャワーマッサージがオススメです。

まず、冷えている部分に42度前後に設定した少し熱めのお湯を1分ほど当てます。シャワーの勢いが強すぎると肌にダメージを与えてしまうので、水の勢いには気をつけましょう。
1分お湯で温めたら、今度は冷水を10秒当てます。これを3回ほど繰り返し、最後は湯船で全身を暖めましょう。
このマッサージは、血流を良くする効果と共に、自律神経に刺激を与えて正常な働きにする効果が期待できます。冷え性になると自律神経が乱れがちになるので、冷え性改善にはオススメの方法です。


コメントは締め切りました。